IDRO Japan's 2nd Relief Trip

ロブ・マンゴールド、IDRO日本の創設者とデイビッド・グレーハムは4月19日夜、石巻および他の東北の被災地に向けて5日間の救援活動を行うために出発しました。二人は建築に必要な資材や道具 (金槌、のこぎり、巻尺、大ハンマー、ほうき、研磨機、ドリル、釘や雨具)をバンに積み込みました。今回は、被災地に義援金と支援物質を届けると同時に、がれきの撤去作業を手伝う予定です。