International Disaster Relief Organization Japan

IDRO Japan Mission Statement

IDRO-Japan aims to provide aid and assistance for immediate post-disaster relief and also assist in long-term support through relief trips and the construction of housing and community centers in the Tohoku region.

IDRO Japan
hopes to attain official NPO status in Japan to provide disaster relief for the Tohoku region that was heavily damaged by the 2011 earthquake and tsunami. By focusing on the affected areas of the Tohoku region, IDRO Japan will work to establish a network of volunteers and businesses that can cooperate to provide both short-term and long-term disaster relief.

Short-term disaster relief for the Tohoku disaster area

IDRO Japan plans to travel from Kyoto to the Tokoku region, and from there enter the affected area in order to:

  1. Distribute food, clothing and toiletries.
  2. Gather information for future relief efforts
  3. Be self sufficient
  4. NOT get in the way or otherwise hamper the efforts of others


IDRO Japan Mission Statement

国際災害支援団日本(IDRO-Japanは、震災直後の災害救済のための支援や援助を行うこと、及び、東北地方へ救援の旅をし、そこでの住宅やコミュニティーセンターの建設を通じて長期的な支援を行うことを目指します
IDRO-Japanは、2011年の大地震と津波によって大きな被害をうけた東北地方の災害支援を行うために、日本のNPO法人資格を取りたいと考えています。東北の被災地に重点的に取り組むことによって、IDRO-Japanは短期的・長期的に協力して災害支援を行うためのボランティアと企業のネットワークを構築するために活動してまいります。



東北地方への短期的な災害支援のために

IDRO-Japanは京都から東北へ行き、東北から被災地に入り、次の活動をする計画です。

  • 食料・衣類・洗面道具を届ける。
  • 将来的な支援活動のための情報収集を行う。
  • 自己完結型の活動を行う。
  • 他の団体や個人の活動を妨げることは決してしない。